« 北上完成見学会 終了。  | トップページ | やっぱり。。。 »

2014年7月19日 (土)

暮らしとあかりのこと。

先日、『コイズミ照明』のセミナーに参加しました。

照明のノウハウに加え、

照明設計の具体的手法、現場の納めについて。

5

私たちの生活の光環境の基本は

いつの時代でも「おひさま」=「太陽光」ですよね。

「活動と休息のバランス」に照明設計を活かし

「暮らしの質を高める方法」を学びました。

せっかくなのでここで復習^^

大きく分けると照明の色は2種類

白っぽいあかりの昼白色=5000K(ケルビン)

赤みをおびた電球色=2700K(ケルビン)

という色温度で表現します。

その中間の色の温白色=3500K(ケルビン)

が出ました~というお話でした。

違いがとってもわかりにく画像ですが 笑

こんな感じでした↓
5000

↑昼白色5000K 6:00~7:30朝のイメージ

3500

↑温白色3500K 14:00~16:00のイメージ


2700

↑電球色2700K 18:00~21:00のイメージ

1

↑これは5000Kの蛍光灯の下で撮りました。

たまたま、その日の朝キッチンで

トマトの色がかわいくて撮っていたものです。

我が家で唯一の昼白色(活動)スペース 笑

613

↑はベルリンのホテルのラウンジ

ガス暖炉の炎を含む全てが休息の灯りです。

624

こちらも同じラウンジの反対側

スタンドライトは昼白色に見えますね。

読み物をするため(活動)のスペースだからでしょうか。

空間のコントラストの効果でしょうか。。。

569

567

↑が温白色3500Kイメージ。

午後の時間帯に撮った画像です。

2458

↑が一番落ち着きますね。

キャンドルのゆらぎ。。。

LEDのキャンドル色も登場していますし

スイッチやリモコンでの色温度の切り替えも

簡単にできる器具が増えました。

日本人の5人に1人が睡眠障害なのだそうです。

自分は全く無縁ですけど^^;

目覚ましより、光のコントロールで目覚めると

ストレスなく快適に目覚められるそうです。

その日の夕方お邪魔したお施主様も

「遮光カーテンにしたら起きられなくて

照明消した後にカーテン開けて寝てるんです」

って言ってました。

8

こちらは、昨日の17時過ぎの現場です。


9


__

お仕事後に現場にてお打ち合せ。

↑現場監督のTさんとお施主様

開口のアールの高さをお打ち合せ中。

うす暗くなった18:30に終了しました。

« 北上完成見学会 終了。  | トップページ | やっぱり。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81144/60009936

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしとあかりのこと。:

« 北上完成見学会 終了。  | トップページ | やっぱり。。。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ