« スタッフを紹介します!6 | トップページ | 「季節を楽しむデッキテラスのある家」完成。 »

2011年1月25日 (火)

暖炉のある暮らし

大共ホームにも暖炉があり、寒い冬には火を入れて

お客様をお迎えするようにしています。

カナダで訪問した先のお宅にも、ほぼ暖炉がありました。

1

↑以前ご紹介したキャビンのリビング。

こちらは薪ではなく、カベのスイッチポン!でした。

2

こちらは、築6~7年の伯父さんの家。

これも薪ではなさそうでしたね。

「日本人の大工さんが建ててくれた」のだそうです。

3

↑は結構な築年数と思われる叔母さんの家。

暖炉は今は使っていない感じですね。。。

ほとんどがセントラルヒーティングと併用しているようです。

4

滞在中お世話になった弟夫婦の家は薪で、毎日夕方に

なると火を入れて使用していました。

5

私は、この一段下がった暖炉の前に座るととても

落ち着いた気持ちになるのでお気に入りの場所でした。

6

7

日中は夫婦とも仕事なので、彼らが日向ぼっこしたり

ほっこりとくつろいでる感じです。

8

9

10

傾斜天井の吹抜けからオーバーハングしているのが

2Fにあるダイニングスペース。

夜になるとこんな感じ↓

11

12

リビングの照明はこのテーブルのスタンドライトのみです。

カメラの設定が悪くピンボケでスミマセン。

13

14

Dsc04109

TVでアイスホッケー観戦したり・・・

Wii対戦で盛り上がったり・・・

冬の夜の時間をゆったりモードで過ごさせてもらいました。

おいしいお酒がもっとおいしく感じられるのも、

暖炉の炎のゆらぎのおかげなのかな。。。

 

« スタッフを紹介します!6 | トップページ | 「季節を楽しむデッキテラスのある家」完成。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖炉のある暮らし:

« スタッフを紹介します!6 | トップページ | 「季節を楽しむデッキテラスのある家」完成。 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ