« ケーキ作り | トップページ | 「フレンチカントリーの家」見学会 »

2007年3月 1日 (木)

子どもを幸せにする話

Dsc03461_1
親方からチケットをいただき
セミナーに参加して来ました。
さすがは、カウンセリングのプロ
話に引き込まれ、80分はあっという間。。。
冒頭、各国15歳のアンケートで「孤独を感じる」
のワースト1が日本(29%)2位アイスランド(10%)
というショッキングな話から始まりました。
子育て真っ只中の自分には、
「自己肯定感」
についての内容が大変興味深かったです。
* * * 自己肯定感 * * *
自分がありのままでいいと思える思える心。
知識・教育は将来自分で身に付けられるがこれは
乳幼児期~学童期に親からのみ与えられる感覚。
子どもの気持ちを「聴く・共感・受容」だけでいい。
もう1つ大切なこと 
 * * * ほめる・ねぎらう・あやまる * * *
子どもをほめる。そしてお父さんもほめる。(夫婦関係も影響力大)
ほめるところが見つまらなかったら・・・
  0点を取った子どもには・・・0点取ったと教えたその度胸をほめる。(笑)
  え~っと、お父さんは・・・とりあえず毎晩家に帰ってくることをほめる。(汗)
                                    ・・・とにかくほめる!
昨夜の娘。。。
「今日 お母さん 怒らないね?」
子どもってスルドイな(^^;)
セミナーの最後に紹介されたカリール・キブランの詩が象徴的です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
あなたの子どもはあなたのこどもではない 
かれらは人生の希望そのものの息子であり娘である
かれらはあなたを通ってはくるがあなたから来たものではない
そしてかれらはあなたとともにいてもあなたに属してはいない
あなたはかれらに愛を与えてよいが考えをおしつけてはいけない
かれらにはかれらの考えがあるのだから
あなたはかれらの体を家にいれてもよいが
かれらをそこに閉じ込めてはいけない
かれらの心は親の夢想だもできない明日の家に住んでいるのだから
あなたがかれらのようになろうとするのはよいが
かれらをあなたと同じ人間に育てようとしてはいけない
時は決して後戻りはしないし足ぶみさえもしていないからだ
あなたは弓であり あなたの子はそこから送り出される生きた矢である
(カリール・キブラン)

« ケーキ作り | トップページ | 「フレンチカントリーの家」見学会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを幸せにする話:

» 感動と勇気を与えてくれる「きむの詩」 [なんて心が晴れるのでしょう「きむの詩」]
きむの詩について感じたことを中心に画像や詩の紹介をするサイトです。 [続きを読む]

« ケーキ作り | トップページ | 「フレンチカントリーの家」見学会 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ